低温トリートメントドライヤーで髪の広がりが押さえられました

ストンとおちるストレートヘアーに憧れているのに、いつも剛毛で量が多くボサボサと広がってしまう・・・、という髪の悩みがありました。美容院のトリートメントで一時的には治まるけれど、一週間もすれば効果がなくなり金額は高い。広がるけれどもともとストレートではあるので、ストレートパーマや矯正はしたくない。ベタベタする整髪料は嫌い・・・というわがままさで、なかなか理想のヘアスタイルと叶えることができなませんでした。
k3
しかしある日ネットでたまたま情報を得て気になったのが「低温トリートメントドライヤー」でした。通常は100~120度以上の高温であるドライヤーの温風ですが、60度という約半分の熱量で髪の水分を保ったまま乾かすことができるというドライヤーです。「撮影現場で生まれた、モデルさんの髪のことを考えて造られたドライヤー」とふれこみで人気のある製品だということでした。ヘアモデルさんが使っているもの、ということで興味を持ち、価格は約1万3000円とドライヤーにしては高価ですが購入してみることにしました。

使ってみて驚いたのは、低温なのに渇きが早いこと。確かに髪にかなり近づけても火傷するような熱さは感じません。しかし風量が多く、ミディアムヘアの場合5分程度で乾かすことができました。それまで使っていたドライヤーより早いくらいでした。そして感動したのは翌朝です。寝る前に洗って乾かした髪も翌朝に爆発しどうにもならず、仕方なく1つに結ぶということが日常だったのですが、起きて鏡を見てビックリ! 夜乾かしたままのスタイルをキープしていたのです。
k4
もちろん髪を結ばずに少し整えるだけで出かけることができました。購入後半年経ちますがドライヤーは毎日使うのでそのまま効果は保ち続けられています。その間旅行に行った際に持って行きたいくたらいだったのですが荷物になるので諦め、まあ髪を結べばいいやと思っていましたが、2泊3日中、落ち着いたスタイルを保てました。使っていくうちに髪の水分が多くなり、髪質に変化が出たのかもしれないと大変嬉しく思いました。髪をおろすことにより周囲からも「若く見える」と言われ、低温トリートメントドライヤーはなくてはならない髪の相棒となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です