乾燥ヘアで悩んでない?自然の恵みのヘアオイルでさらっと解決!

ヘアオイルは乾燥ヘアのつよい味方!
お風呂の後やおでかけ前に、
ヘアオイルをパパッとつけるだけ。
いつものパサパサからさようなら!
まとまりとツヤのある髪の毛になっちゃうんです!
k12

【とっても簡単な使い方!お風呂上がりの半乾きの髪に】

1.タオルで髪の水分を適度にとったあと
櫛をとかしていない状態のまま、頭をしたに向けます。

2.ヘアオイルを手のひらのくぼみに3、4滴たらします。
くぼみに収まるくらいが目安。

3.手のひらいっぱいにヘアオイルを広げます。

4.頭皮にはつけずに髪の毛になじませます。(手ぐしの様にしてもOK)
※ロングヘアの人は足りない場合1、2滴ずつ
足してみてくださいね!

5.手のひらのヘアオイルが髪になじみきったらおわり!
くしでとかしましょう。

濡れた髪につけると、ヘアオイルがより髪になじみやすくなります。
お出かけ前につけるときも、ヘアオイルを手になじませて
髪の毛にもみこめばOKです!

スペシャルケアをしたいときは、オイルでヘアパックも!
髪が乾いた状態のまま頭皮にたっぷりなじませて、
シャンプーをすれば髪全体がしっとりヘアに!

【どんな種類があるの?おススメヘアオイル3選!】

コスパ・バランスNo1?!
あんずオイル
k13
オイルくささのない、ほのかなあんずの香りが特徴です。
かといって顔まわりに甘い香りがずっと残るわけでもないので、
甘すぎる香りがふだん苦手な人でも大丈夫。
サラサラとしたつけ心地で重くならず
つけ加減の調節が一番しやすいのがあんずオイルです。

ヘアオイルの女王様!
つばきオイル
k14
ヘアオイルといえば一番有名なつばきオイル。
そのなかでも大島椿オイルがロングセラーとなっています
つけすぎると見た目的にも髪がしっとりしすぎてしまうことも。
つまり少しの量でもばっちり保湿できちゃうんです!

全身使える!
アルガンオイル
k15
ここ最近になって特に有名になったオイルです。
モロッコ原産のアルガンツリーという種子からとれます。
ちょっとお高いですが、髪の毛だけではなく顔をふくめ全身に使えるのは魅力的。
ただ皮膚が敏感な人やアレルギー体質の人は、
少しずつ使っていくのがおススメです。

どれも自然の保湿力を使ったものから作られているので、
ヘアオイルは髪だけでなく身体にも優しいのです!

ドラッグストアで気軽に手に入れられちゃうのもヘアオイルの魅力的なところ。
24時間パサパサヘアにさようなら!
自然の恵みがもつパワーを存分に利用できるヘアオイルで
湿気にも乾燥にも負けない、身体にもやさしいヘアケアをしていきませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です